永江二朗さん監督の 「男と女のミステリー時代劇」第7話が放送されます!

シナリオ・センター大阪校OB、永江二朗さんが監督された「男と女のミステリー時代劇」第7話「婿入り試験」が、7月5日にBSジャパンにて放送されます!

詳しくはこちらをご確認下さい。

あらすじ
橋本善三郎(八神蓮)は、両替商「黒田屋」の主人・黒田清右衛門(鶴見辰吾)に用心棒として雇われる。屋敷に行くと自分のほかに安田為三郎(増田修一朗)、木之下庄三郎(山中アラタ)が雇われていた。清右衛門から離れを見張ってほしいと頼まれた三人だが、庄三郎が言うには、用心棒というのは表向きの名目で、実は婿選びのために集められたという。娘が年頃になり、二人も婿を取ったが、二人とも婚礼前に行方知れずになっており、噂では鬼に喰われたともいわれていた。初めに清右衛門から離れには立ち入らないよう注意を受けていたが、善三郎は離れに住む娘の黒田花(上野優華)と深夜に偶然出くわす。翌朝、女中頭の杉(岡本麗)から離れに入ると災いが起きるため入らないようにと念を押されるが、善三郎は花へある事を伝えるため、再び離れに出向く。

火曜スペシャル 男と女のミステリー時代劇ホームページより

Follow me!