森下直さん脚本のドラマが放送されます!

シナリオ・センター大阪校出身の森下直さんが脚本を担当したドラマ、六本木3丁目移転プロジェクトドラマスペシャル 宮部みゆきサスペンス「模倣犯」(テレビ東京)が9月21日(水)、9月22日(木)の2夜連続で放送されます!!

あらすじ

東京・台東区の公園で女性の右腕と鞄が発見された。鞄は3カ月前から行方不明の20歳の会社員・古川鞠子(松本穂香)のものと判明。祖父・有馬義男(橋爪功)と母・古川真智子(室井滋)が警察の事情聴取を受けていると、TV局から通報が。犯人らしき人物が人工音声の電話で「腕は鞠子のものではない。彼女は別の場所に埋めてある」と告げたというのだ。
茫然自失の真智子は車道にさまよい出てトラックにはねられてしまった。 そのニュースを見ていたルポライターの前畑滋子(中谷美紀)は「鞠子」の名を聞き中断していた失踪女性のルポで取り上げていた人物だと気が付き、滋子は雑誌『サブリナ』編集長の板垣雅子(高畑淳子)を訪ね、失踪者のルポを書かせてほしいと頼み込んだ。
熱意に動かされた板垣から、重要情報が明かされた。右腕の第一発見者は塚田真一(濱田龍臣)という17歳の少年で、1年前に起きた一家強盗殺人事件の唯一の生存者だというのだ。少年を新たな悲劇の発見者とする切り口で書く条件で、滋子は連載を担当することに。
真一もまた、家族が殺された事件と向き合い前に進むために、滋子の取材の助手をしたいと申し出た(以下、略)。

公式HPより抜粋。

Follow me!