シナリオ作家養成講座担当講師、柏田先生の新著「矢立屋新平太版木帳」が発売されました。

シナリオ作家養成講座担当講師であり、「武士の家計簿」の脚本などで知られる柏田先生の新著「矢立屋新平太版木帳」が、徳間文庫から発売になりました。
BS朝日での2夜連続のドラマ化も決定しています!(O.A.12月4日、5日予定)

かわら版は江戸時代の新聞であり、その記者を当時は矢立屋と呼んだ。寺子屋師範にして矢立屋の顔も持つ柿谷新平太は、お上の許可を得ずに出版するもぐりの かわら版専門。ネタが大ネタであればあるほどよく売れるのだが、ネタに鼻が利く性分ゆえに、次々と事件に巻き込まれてしまい……。市井の人々との暖かな交 流とともに、泥棒、殺人という江戸の闇までをも描く、新感覚時代ミステリー!

amazonより

Follow me!