シナリオの書き方が学べる学校。映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、小説のプロを育てて40年。 600名以上の方々がプロとして活躍しています。                              We are learning and making scenario of drama at Osaka Japan.

MENU

わたしにとってのシナリオ・センター 68期生

わたしにとってのシナリオ・センター 68期生

TGさん

わたしにとってシナリオ・センターはもちろんシナリオを学ぶ場所ですが、同時にシナリオライターになるためのモチベーションをあげてくれるパワースポットです。シナリオ・センターにとってわたしは課題を出さない不良生徒です。笑。

TMさん

もの書きという職業には、若い時から憧れていました。文学学校へも通いました。脚本が、こんなに苦しいものとは想定し ていませんでした。起承転結という流れの中で、どこでどう盛り上げるか苦労しました。私、あまり発想が豊かでないので(歳?)普段の生活に少しスパイスを 振りかけたシナリオを書けたらいいなと思っています。

TYさん

はじめは不安が大きかったですが、勉強する事、新しい事を知る事の楽しさを知りました。いろんな年齢層の人とふれ、シナリオだけでなく多くの事を学ぶ事ができました。自分自身の視野が広がる場でした。

K・A・Sさん

シナリオの書き方を知らない自分にとって大いにためになる場所でしたし、なにより自転車で5分という近さも魅力的でした。2分くらいの近隣ならもう言うコトなしですね!

NHさん

私にとって、ここで勉強させて頂いた事は、人生に於いてとても意味深く有意義な事でありました。全くシナリオに関して 無知だった私が、原稿用紙にスラスラと頭の中の空想を書いている今の現状は、正に驚きであります。もしここで学んでいなかったなら、自分が書いた小説をシ ナリオ化するというたわいない夢は、完全に夢で終わっていた訳でありまして、その夢を自分自身の手で叶える事が出来るというのは、有難い事だと思います。 未だ、シナリオの世界に首を突っ込んだばかりですが、今後世の中の現実に目を向け、視野を拡げ、精進したいと思います。

HMさん

先生方がとても楽しそうにシナリオを教えている事が一番印象的でした。『そんな学校で学べた』という事が幸せであり、最高でした。プロを目指して頑張りますので、これからもよろしくお願いします。。

MAさん

昔から文章を書くことは好きで、いつか自分なりの物語などを書いてみたいな、という気持ちは持っていましたが、正直な ところ「シナリオ」というものは全く未知の世界でした。習ってみると、映画好きな私にとって「シナリオ」とは、その制作の“裏側”を知るようで、とても興 味が沸きました。漠然と持っていた“自分の世界観を形にする”という夢を現実に一歩近づけるきっかけを、このシナリオセンターで与えてもらったと思ってい ます。!

YYさん

強気に書いてダメなら程々に書く。それでもダメで落ち込んでしまっても一言でいいから、とにかく!とにかく!!とにかく!!!何か書くことが大切だな~っと、思わせてくれました。とっても感謝です。

MKさん

映画、シナリオのこと、話せる仲間ができた。周囲に内緒にしているので、これはありがたい。それから業界のこと、なん となく分かった気分になれた。これも収穫かな。欠席ばかりで、宿題はほとんど出さなかった。これじゃダメだね。自業自得。これから精進します。講師の先 生、スタッフのみなさんありがとうございました。

MKさん

仲間、ライバルとの出会い。最初の頃より自分の思っている映像により近いシナリオが書けるようになり、毎週毎週授業も課題もとても楽しいです。研修科で、もっともっと面白い作品書くぞーっ。

MSさん

仕事の都合で毎回の授業を出席することが出来ないコトがあり、大切な事を聞き逃してるんじゃないかと不安もあります が、受けた分をしっかり理解して今後もガンバッテ書き続けて行きたいです。一言で『シナリオ』といっても簡単に理解するのは勉強してもムズかしいです。 『継続は力なり』全てのコトにあてはまるコトです!!継続するのは、なまけぐせがある私には少し大変ですが、ストーリーなど考え書くコトが好きなので、頑 張って『継続』を実行して、いつか賞など取れたらうれしいですね^-^

TKさん

自分が映画やドラマを観て感じたことも、いざ自分が書く側にまわると、そんなことはすっかり忘れてしまってたりしま す。「セリフは魅力的であるべきだ」「アクション→リアクション→アクション」観ている側のときは「そんな当たり前のこと…」と思いますが、実際書くとそ れが一番難しいんですよね…。と、まだまだ初心者な私が偉そうなこと言えないんですけど。「ドラマは面白くなければならない」この大前提を改めて教わった 気がします。そしてやっぱり「面白い」話が書きたい。

ANさん

この半年間、毎週シナリオセンターに通うのが何より楽しみでした。先生の教えを一言ももらすまいと、学生時代より熱心 に授業を受けた気がします。大阪まで通うのに時間とお金がかかるのが悩みの種ですが、ここで卒業すると怠け者の私は書くこともやめてしまいそうなので、も うしばらくシナリオセンターで学び続けたいと思います。最後に、後藤先生と大阪校の皆様のおかげで、シナリオ人生を歩み始めることができました。ありがと うございます!次の半年は、一生のシナリオ仲間を見つけることが目標です。よろしくお願いします!

HYさん

命拾いしました。シナリオ・センターに感謝しています。自分にとってシナリオを書くことは、正直ありえない事でした。 何かに突き動かされる様にシナリオ・センターに入学しましたが、シナリオ・センターで本当に良かったと思います。シナリオを書く厳しさは、まだ分かりませ んが自分にとっては使命だと思っているので、これからも人のために勉強させていただきます。

HRさん

1.シナリオの習作を通して、ほんの少しですが人間観察が深まった気がします。
2.授業で教わった、「性格は変わらないが、気持ちや感情は変えられる」という言葉が印象に残り、日常で役立てています。
3.近頃のドラマ、特にTVの劇画風ドラマのストーリーと演出・演技には抵抗があり、ヒット作と言われても何の共感も得ません。普通の生活者の琴線に触 れ、日常の一部を切り取ったような作品に挑戦できたらと、大望を描いています。PCや携帯のテクノロジーの急変には、かなり後れを取っていますが、アナロ グの事には普通に対応できますので、よろしくご指導願います。

UHさん

勉強になりました。そして、関連の面白い話が聞けてよかったです。宿題はページ数が多くなってくると大変ですが、一週 間の間隔でテーマの絞られた締め切りがあることがこんなにもやり易いとは驚きです。大変にしろ、一週間である程度固まった話ができると思っていませんでし たから。同期の仲間のことは、正直よくわかってないです。今の所、顔と名前が一致すれば、万万歳だと思っています。私にとってシナリオセンターは…吉。映 画館の学割対象になるように会員証を顔写真入りにすればなお吉。

KMさん

書く事の大変さ、0から生み出す難しさと喜びを感じました。とにかく書き続ける事が大切なんだと実感。

MMさん

すっごく楽しかったです!授業も楽しかったし真夜中に一人で課題と向き合うのは本当に幸せでした。でも、自分の中にあ まりない要素の課題は難しかったです。「ラブシーン」にはかなり苦しんだ記憶があります。課題を書き終えた後に参考としてネットでHな体験談を読むと、自 分の課題の1000倍くらい興奮したのでガッカリしました。やはり実体験には負けるのか…イヤイヤいつか実体験にも勝るシナリオを書き上げたいです。後藤 先生、事務局の方々、ありがとうございました。

NKさん

課題がつらかったけど、楽しかったです。

HKさん

本当に大切にしたいモノってなかなか勇気を出せないと思うんです。わざと遠回りしてみたり、嫌いって言ってみたり、そ してちょっぴり自己嫌悪に落ちちゃって。そんな時間もぶっ飛ぶほど、本当に通ってよかったなぁというのが今の気持ちです!毎回講義が楽しみでした。独学だ けでは遅々として進まないワケもわかった気がします。壊れるのが怖くて何もできなかった昔より、勇気を持って進めそうです。目的地に辿り着けるかわかりま せんが、がんばってみたいと思います。半年間ありがとうございました。

HHさん

全くの初心者で、来たきっかけも限りなく“なんとなく”に近い私ですが、今ではシナリオは生活の一部です。忙しい時、 何もアイディアがうかばない時、書いたはいいが、そのあまりのおもしろくなさに愕然とする事もあり、それでも暫く書かないでいるとまた書きたくなる、そう 思える様になったことを今は嬉しく思います。

              シナセンに行く! TEL 0120-470029 火~土曜日(12:00~20:30) 日曜日(12:00~14:30)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

在籍者、OBを応援します!

シナリオ・センター大阪校では、在籍者、OBを応援しています!
自主映画、芝居などで活動されている方は、どしどし情報をお送りください!
info-osaka@scenario-center.com
(@を半角変換して下さい)

大阪校の作品が読めます!

シナリオ・センター大阪の在校生の作品が電子書籍閲覧サービス『BCCKS』で、読めます!
Copyright © 株式会社シナリオ・センター大阪校 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.