シナリオの書き方が学べる学校。映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、小説のプロを育てて42年。 600名以上の方々がプロとして活躍しています。                              We are learning and making scenario of drama at Osaka Japan.

MENU

地獄男爵を照らす光は 作:北川由美子(79期生)

2017 大阪校5枚シナリオコンクール
課題「スポットライト」
佳作

地獄男爵を照らす光は 作:北川由美子(79期生)

 安藤勝平(7)安藤豪の息子
安藤豪(33)ヒーローショーの悪役地獄男爵
安藤桃(30)安藤勝平の母

○西中島南方遊園地・ワクワク広場(夕)
   設置された舞台でヒーローショーが行われて
   おり、着ぐるみを着たサンライトマンと、
   悪人メイクの地獄男爵役、安藤豪(33)が闘っている。
   パイプ椅子の並べられた観客席では
   子供達がサンライトマンの絵の描かれた
   た懐中電灯でサンライトマンを照らし、
   サンライトマンに声援を送っている。
   舞台上の豪は、サンライトマンからの
   連続攻撃を受け無様にのたうっている
   観客席の一番前には、安藤桃(30)と、
   怒りに肩を震わせながら、体を固くして
   俯く安藤勝平(7)が座っている。
勝平「やっぱ、見に来るんじゃなかった……。
 悪役の父ちゃんなんて最悪だ……」
桃「そんなこと言わないの。父ちゃんは勝平や
 母ちゃんの為に頑張ってくれてるんだよ」
勝平「あんなカッコ悪い父ちゃん見てるくらいなら、
 頑張らなくていいっ!  さっさとやられて引っ込めばいいんだ!」
   勝平は唇を引き結ぶとパイプ椅子の上に
   立ち上がり、サンライトマンを懐中電灯で
   照らしながら大声を出し始める。
勝平「サンライトマン、ヒーローライトだ!
 地獄男爵なんて滅茶苦茶にやっつけろー!」
   勝平の声に気づいた豪は、舞台上から、
   傷ついた表情で勝平を見る。
   豪と目が合った勝平は、一歩後ずさる。
   その拍子にパイプ椅子が揺らぎ、勝平は
   頭から転落しそうになる。
   それを見た豪が、迅速な動きで舞台から駆け下り
   転落する勝平を抱き止める。
勝平「何すんだよっ! あっち行けよ! 僕、地獄男爵なんて大嫌いなんだからなー!」
   豪に抱かれ豪の胸を殴り大泣きする勝平を、
   豪は無言で強く強く抱きしめる。

○西中島南方遊園地・外周(夜)
   勝平と豪、桃が並んで歩いている。
豪「『地獄男爵が子供を助けるなんてどういう事だ』
 って、こってりしぼられちまったな」
   桃に向かい笑う豪に、勝平は躊躇いながら
   手に持つ懐中電灯の光を当てる。
   豪は首を傾げ、俯く勝平を見る。
勝平「ヒーローだけが浴びられるライトだよ……。
 今日の父ちゃんはすごくカッコ悪いけどカッコイイ、
 僕のヒーローだったから」
   勝平が遠慮がちに差し出した手を、
   豪は強く握り、勝平は豪の胸に飛び込む。

シナリオ・小説作品集

              シナセンに行く! TEL 0120-470029 火~土曜日(12:00~20:30) 日曜日(12:00~14:30)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シナリオ・小説作品集

  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter

在籍者、OBを応援します!

シナリオ・センター大阪校では、在籍者、OBを応援しています!
自主映画、芝居などで活動されている方は、どしどし情報をお送りください!
info-osaka@scenario-center.com
(@を半角変換して下さい)

大阪校の作品が読めます!

シナリオ・センター大阪の在校生の作品が電子書籍閲覧サービス『BCCKS』で、読めます!

楽天kobo版、kindle版も配信中!!(kindleは有料、各110円)

(20枚シナリオ作品集)

(小説集「分泌」第三号)

(小説集「分泌」第4号)

(エッセイ集 「シナリオを書いているあなたへのお手紙」(分泌第5号))

(シナリオ作品集3)

(分泌第6号 シナリオ・センター大阪校小説研修クラス新規開設記念号)
Copyright © 株式会社シナリオ・センター大阪校 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.