森下直さんが脚本されたドラマ「模倣犯 前篇・後篇」(テレビ東京系)が第19回シナリオ作家協会「菊島隆三賞」を受賞されました。

「菊島隆三賞」は2015年の12月1日から1年間に公開されたドラマ・映画などすべての映像作品のシナリオが対象となり、今回「模倣犯」は唯一のテレビドラマ作品としてノミネートされ、見事受賞されました!!

「模倣犯」のシナリオは、月刊ドラマ3月号に前篇が、4月号に後篇が掲載されますので、ぜひご覧下さい!!