シナリオの書き方が学べる学校。映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、小説のプロを育てて41年。 600名以上の方々がプロとして活躍しています。                              We are learning and making scenario of drama at Osaka Japan.

MENU

小説での活躍情報

小説やケータイ小説で活躍している出身者・在校生

シナリオ・センター大阪校から、宮本紀子さんが2012年「第6回小説宝石新人賞」、
吉野万理子さんが2005年「第1回新潮エンターテインメント新人賞」、
吉村奈央子さんが2003年「大阪女性文芸賞佳作」、
小説研修科に在籍中の出雲弘紀さんが2013年「第6回ノースアジア大学文学賞奨励賞」、
同じく小説研修科の美里あきらさんが「第10回銀華文学賞奨励賞」、
そして最近では、大桑康博さんが「第2回集英社ライトノベル新人賞特別賞」を受賞されています。


ノースアジア大学文学賞で奨励賞を受賞された出雲さん

シナリオ・センター全体でも「リング」「らせん」の鈴木光司さん、直木賞作家の乃南アサさんを始め、
野口卓さんが2012年「第一回歴史時代作家クラブ賞」、大良美波子さんが2010年「第7回ミステリーズ!新人賞」、青葉奈々さんが2009年「講談社Birth第2回募集優秀賞」、原田ひ香さんが2007年「第31回すばる文学賞受賞」、大沼紀子さんが2005年「第9回坊っちゃん文学賞大賞」、柚木麻子さんが2008年「オール讀物新人賞」2015年「山本周五郎賞」を受賞。

小説やケータイ小説で活躍する出身者・在校生が増えています。
それは、シナリオの勉強で構成力やセリフ力が身につけられるからです。
そして、毎週継続して課題を書き続けることも作家力を身につけられる秘訣です。

杏有記(あんずゆき)さんの作品

『やんちゃ子グマがやってきた!―森からのメッセージ』(フレーベル館ジュニア・ノンフィクション)
『いのちかがやけ!タイガとココア―障がいをもって生まれたアムールトラのきょうだい』(文溪堂)
『ぼくの「生きる力」―院内学級から小学校へ『直紀新聞』とどけます』(佼成出版社)
『小さないのちはどこへ行く?―ペットを飼う人たちに知ってほしいこと』(ハート出版)
『どんどんいけいけ ゆうき号!―階段さえあれば、侑希さんは川にいけます』(佼成出版社)
『天使の犬ちろちゃん―みんなに愛され星になった難病の犬』(ハート出版)

ページトップに戻る

NHKラジオ文芸館で朗読放送

甲木千絵さんが執筆された「ともだちだから」( 『99のなみだ 桜』リンダブックス)が10月13日にNHKラジオ文芸館で朗読放送されました。

NHKラジオ文芸館
NHKラジオ第1放送で毎週土曜日の8:05-8:45に放送されている朗読番組。

ページトップに戻る

宮本紀子さんインタビュー【光文社第6回小説宝石新人賞受賞】

子供が産まれ、沢山の本を読み始め自分でも書きたいと思いシナリオ・センターに入学した宮本さん。
「『書く』事はとても孤独なことだと思います。でもここまで書いてこれたのは、教室に行けば先生やクラスのみんなが居る、そう思えたから。これは当たり前の事ではなく、とても幸せな事だと思います」とのこと。
「シナリオを書いている人が、小説を書くのは比較的書きやすいと思います。シナリオを書かれている人は話の構成を考えるのも上手く出来ると思いますが、小説も構成はとても大切な事です。
これからは、小説の他に大好きなラジオドラマも書きたいと思います!」と宮本さん。

月刊小説宝石2013年1月号にて、小説宝石新人賞受賞第一作「約束」が掲載されました。

ページトップに戻る

吉野万理子さん作品

『ライバル・オン・アイス』(シリーズ3巻完結) 講談社
『いい人ランキング』あすなろ書房
『ロバのサイン会』光文社
『虫ロボのぼうけん5 フンコロ牧場へGO!』 理論社
『ひみつの校庭』 学研プラス
『走れ! みらいのエースストライカー』 講談社
『虫ロボのぼうけん4 バッタとジャンプ大会!』 理論社
『赤の他人だったら、どんなによかったか。』 講談社
「空色バウムクーヘン」 徳間書店
「虫ロボのぼうけん3 スズメバチの城へ!」 理論社
「ジゼル」 講談社
「時速47メートルの疾走」 講談社
「虫ロボのぼうけん2 赤トンボとレース!」 理論社
「風船教室」 金の星社
「虫ロボのぼうけん カブトムシに土下座!?」 理論社
「100%ガールズ 」(シリーズ3巻完結) 講談社
「チームつばさ」 学研教育出版
「連れ猫」 新潮社
「恋愛映画は選ばない」 実業之日本社
『劇団6年2組』ティーンズ文学館
『100%ガールズ 1st season』講談社
『海岸通りポストカードカフェ』双葉社
『今夜も残業エキストラ』PHP文芸文庫
『不惑ゆらゆら素描』月刊ジェイ・ノベル(実業之日本社)
『南西の風やや強く』月刊誌『小説新潮』
『チームみらい』学習研究社
『時速47メートルの疾走』月刊誌『小説新潮』
『想い出あずかります』新潮社
『ひかるコンプレックス』月刊誌『小説新潮』
『チームあかり』学研
『好き、だった。はじめての失恋、七つの話。』メディアファクトリー
『99通のラブレター』PHP研究所
『チームひとり』学習研究社
『シネマガール』角川書店
『はじまりはオトコトモダチ』ケータイ小説
『松本清張45冊『小倉で一気読み』伝』小説新潮
『ベストセラー怪読』読売新聞夕刊
『チームあした』学習研究社
『シネマガール』小説屋Sari-Sariケータイ小説サイト
『エキストラ!』PHP研究所
『マリン・ロマンティスト』WEBダ・ヴィンチ
『女たちのおいしい夜』プレミアビールGARGERY(ガージェリー)Webサイト
『モテ期』小説すばる
『チームふたり』学習研究社(第54回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書に指定
『4つめの約束』小説すばる
『こころ三分咲き』小説新潮
『赤ペン兄ちゃん』学習研究社(科学と学習6年生増刊号・話のびっくり箱)
『エキストラ!』PHP研究所
『ROUTE134』講談社
『白服』小説新潮
『空と君の温もりと』角川マガジンズ
『乙女部部長』メディアファクトリー
『ウガリンとパクリン』小説すばる
『ドラマデイズ』角川書店
『雨のち晴れ、ところにより虹』新潮社
『秋の大三角』新潮社
『初恋』韓国ドラマ・ノベライズワニブックス

ページトップに戻る

松元秀智さんの作品【GADGET主催 超短編小説ナノベル】

株式会社GADGET主催・2000文字のエンタテインメント「超短編小説ナノベル」に
作家集団土AⅠクラス在籍の松本秀智さんの作品が掲載されています。
http://www.nanovel.jp/ (新しいウィンドウで開きます)

『壇蜜に会いたい』(ナノベルvol.11掲載)
『らっぱの音がきこえる』(ナノベルvol.9掲載)
『セロハンガール』(ナノベルvol.7掲載)
『いなりは好きですか?〈A〉』(ナノベルvol.4掲載)
『いなりは好きですか?〈B〉』(ナノベルvol.4掲載)
『自転車兄弟』(ナノベルvol.3掲載)
『絶対に死なない女』(ナノベルvol.2掲載)
『さよならジゲレンジャー』(ナノベルvol.1掲載)
『パパは餡死男(アンデッドマン)』(ナノベル創刊準備号掲載)

ページトップに戻る

リンダパブリッシャーズ

感動する映像作品を原作から育てる出版社
http://lindapublishers.com/(新しいウィンドウで開きます)

リンダパブリッシャーズより、シナリオ・センター大阪校出身者・在校生による作品が
たくさん出版されております。
以下リスト内容は、2013年11月時点のものです。

『最後の一日‐3月23日―さよならが胸に染みる10の物語』
谷口雅美さん「今日が最後の日」
源祥子さん「「リリーはボクの妹だから」」

『失恋前夜』大人のための恋愛短編集
谷口雅美さん「喋らない男」
山本博美さん「嫁入り前夜」
源祥子さん「バイバイ、益田くん」

『99のなみだ・蛍』
谷口雅美さん「幸せの花」
甲木千絵さん「ヒバリ」
三間祥平さん「エンディングノートはじめました」「夏の親子新聞」

『母のなみだ・ひまわり』
谷口雅美さん「最後の親孝行」
甲木千絵さん「父の正月」「三日月と三等星」
源祥子さん「もう一度、娘と」

『あなたが生まれた日』
谷口雅美さん「母の言霊」
甲木千絵さん「フライドポテト」「赤い風船」
源祥子さん「ママの恋」

『君がいない 恋愛短編小説集』
西条りくるさん「痛女ブログへようこそ」
谷口雅美さん「ハレの日に」
辻淳子さん「砂埃の向こう」

『終電バイバイ ~真夜中の大人の冒険~』
十時直子さん「第2話 高円寺失恋女子編―田中優里」
谷口雅美さん「第4話 梅田で終電を逃したOL―大森苑子『だから私は右へ行く』」

『最後の一日6月30日』
谷口雅美さん「予想外のできごと」
甲木千絵さん「おたふく」
三間祥平さん「夜の訪問者」
源 祥子さん「最後の運動会」

『すごい恋愛』
砂原美都さん「ヤリタイ女とサマヨウ男」

『うちへ帰ろう―家族を想うあなたに贈る短篇小説集』
甲木千絵さん「姉のコーヒー」
谷口雅美さん「タラレバ」
源祥子さん「さよなら、俺のマタニティブルー」

『99のなみだ 第四夜-本当にあったこころを癒す10の物語』
甲木千絵さん
谷口雅美さん

『99のなみだ 雪』
谷口雅美さん「最終回を待ちながら」
源祥子さん「ジュリのいた日々、モカの日々」
甲木千絵さん「ストーブリーグ」

『佐久間くんといっしょ』
十時直子さん

『愛してるって言えばよかった』
谷口雅美さん「誓いの言葉」

『君を忘れない』
谷口雅美さん「神社ガール」

涙がこころを癒す短篇小説集『99のなみだ・海』
甲木千絵さん 「ここからもう一度」
谷口雅美さん 「月光のおくりもの」

恋愛短編小説集『君が好き』
谷口雅美さん

『最後の一日 7月22日―さよならが胸に染みる物語』
谷口雅美さん「あなたの嫌いな色」
谷口雅美さん「最後の晩餐」

『君に会いたい 恋愛短篇小説集』
砂原美都さん「29バージン」
谷口雅美さん「アカンタレの恋」

『99のなみだ 桜 – 涙がこころを癒す短篇小説集』
谷口雅美さん「雨のち笑顔」
谷口雅美さん「渡瀬さんの後悔」
十時直子さん「贈る言葉」
甲木千絵さん「ともだちだから」

『母のなみだ – 愛しき家族を想う短篇小説集』
谷口雅美さん「父へ」
谷口雅美さん「母が祈る理由」
谷口雅美さん「走馬灯のように母は。」
甲木千絵さん「運動会」

『99のなみだ・旅 – 涙がこころを癒す短篇小説集』
谷口雅美さん「エンディングノート」
谷口雅美さん「月の輝く夜に」
谷口雅美さん夢の理由」
甲木千絵さん「今年のレタス」

『99のなみだ・友 – 涙がこころを癒す短篇小説集』
十時直子さん「特急は停まったまま」
谷口雅美さん「送辞」
谷口雅美さん「泣き虫」

『絶体絶命!』
竹本博文さん「その船に乗ってはいけない」

『さよなら、大好きな人』
谷口雅美さん「マシュマロ・マン」
谷口雅美さん「終わりのまえに」

『99のなみだ・心 – 涙がこころを癒す短篇小説集』
十時直子さん「デュオ」

『99のなみだ 第二夜 – 本当にあったこころを癒す10の物語』
谷口雅美さん「おっぱい星人」
谷口雅美さん「父からの贈り物」
谷口雅美さん「夢」
谷口雅美さん「二人三脚」

『99のなみだ・雲 – 涙がこころを癒す短篇小説集』
谷口雅美さん「親父になった日」
十時直子さん「お母さんは人気ブロガー」

『100の恋 – 幸せになるための恋愛短篇集』
石井里奈さん「ママ恋」
谷口雅美さん「結婚の理由」
谷口雅美さん「最後のひと」

『センチメンタル急行 – あの日へ帰る、旅情短篇集』
谷口雅美さん「告白」
谷口雅美さん「反抗期」
甲木千絵さん「晩酌ゆうれい」

『99のなみだ・星 – 涙がこころを癒す短篇小説集』
荒木ひさみさん(東京校)原案、谷口雅美さん執筆「合鍵」
水村節香さん原案、梅原満知子さん執筆「長い夜」
十時直子さん「火事場の馬鹿」
谷口雅美さん「ありがとう」
甲木千絵さん「待っているから」

『99のなみだ・光 – 涙がこころを癒す短篇小説集』
甲木千絵さん原案、谷口雅美さん執筆「寒い夜のピザ」
谷口雅美さん「さよなら、サンタさん」原案&執筆
甲木千絵さん「ミコとミーコのいた窓」原案
十時直子さん「母の愛した人形」

『99のなみだ 第一夜 – 本当にあったこころを癒す10の物語』
谷口雅美さん「笑顔の向こうに」原案
谷口雅美さん「最終回」原案&執筆
甲木千絵さん「僕たちのブロックサイン」原案

『99のなみだ・花 – 涙がこころを癒す短篇小説集』
谷口雅美さん「いっしょの約束」
谷口雅美さん「あの家に帰りたい」

『99のなみだ・雨 – 涙がこころを癒す短篇小説集』
谷口雅美さん「思いは湯のごとく」
谷口雅美さん「空を見上げる」

『99のなみだ – 涙がこころを癒す短篇小説集』
谷口雅美さん「願い」

ページトップに戻る

              シナセンに行く! TEL 0120-470029 火~土曜日(12:00~20:30) 日曜日(12:00~14:30)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

在籍者、OBを応援します!

シナリオ・センター大阪校では、在籍者、OBを応援しています!
自主映画、芝居などで活動されている方は、どしどし情報をお送りください!
info-osaka@scenario-center.com
(@を半角変換して下さい)

大阪校の作品が読めます!

シナリオ・センター大阪の在校生の作品が電子書籍閲覧サービス『BCCKS』で、読めます!

楽天kobo版、kindle版も配信中!!(kindleは有料、各110円)

(20枚シナリオ作品集)

(小説集「分泌」第三号)
Copyright © 株式会社シナリオ・センター大阪校 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.