シナリオの書き方が学べる学校。映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、小説のプロを育てて41年。 600名以上の方々がプロとして活躍しています。                              We are learning and making scenario of drama at Osaka Japan.

MENU

体験ワークショップのご感想

  • HOME
  • » 体験ワークショップのご感想

体験ワークショップを受けられた方のご感想、ご意見の一部を紹介いたします。

シナリオについて全く知らず、どんなものなのか興味本位で参加しました。慣れると、自分の想像力を膨らませる楽しさを、感じることができるようになりました。ありがとうございました。

実際のシナリオを読み聞かせて頂き、有意義な時間でした。ほんの5枚、7枚のシナリオの中に大きなドラマがあり、改めてシナリオの楽しさを感じることができました。

実践的なワークショップで、とても勉強になりました。ひとつのシーンで幾つもセリフが書けるんだなと思いました。

シナリオというのを初めて体験して、面白さに惚れてしまいました。今後も物語を追求して、個性を全面に出していきたいです。

楽しかったです。5枚シナリオの作品も勉強になりました。セリフを考えるのは難しかったのですが、考えればアイデアが浮かぶものなのだなぁと発見しました。もっと魅力的なセリフが書きたいなと思いました。

考えていた以上にプロを目指すスクールなので、来てみてよかったと心から思いました。単なる学ぶだけの講座などは続かない私ですので、お仕事になるよう頑張ります。

今日、初めてシナリオに触れました。自分にとって手の届かないものだと勝手に思っていましたが、まったくの素人の私でも、仕事をしながらチャレンジできるのではと、やる気を持つことができました。セリフを考えるのがとても楽しかったです。

柱、ト書き、セリフだけのシンプルな構成で15分のドラマも2時間の映画も出来上がっていくのだと思うと、なんと奥が深いのだろうとワクワクしました。日常から離れて、空想するような時間をもてたことがとても有意義でした。ありがとうございました。

本日はどうもありがとうございました。なんとなく興味本位で申し込んでみたのですが、講師の小島先生のお話はとても面白かったです。練習も思っていたより難しいと感じましたが、考えることって普段ないので、楽しかったです。時間があっという間でした。それにありきたりのセリフしか思い浮かばず、予想外の展開ってすごく難しいのだなとわかりました。

読むこと、観ることが大好きで、いつかは作り手側に行きたいと思っていました。とてもいい機会をありがとうございました。

自分の日常生活の中には全くない分野のお話を聞けて、大変楽しかったです。文章を書くことが好きで、何かを表現できたらとずっと思っていたこと、また、何かを形に残すということに憧れがあった為、本日参加しました。映画やテレビドラマも違う目で見れたら楽しいかと思います。ありがとうございました。

お話が面白かったです。構成って大切やなあと思いました。ロマンチックなセリフがひとつも思い浮かばず苦労しました。最近は韓流見てたからか、日本語を忘れています。頭の中に「サランヘ」しか浮かばないので困ります。ありがとうございました。

高校生の時に半年間お世話になりました。最終日に新井先生の「シナリオの書き方」のサイン本をプレゼントしていただきました。時折本棚にあるその本を見ながら、いつかまた・・・と思っていました。当時は生きることの大変さ、お金の苦労、人を好きになること、働くこと・・・全て知らずに受講し、経験のなさを痛感しました。あれから約17年くらい経ち、もう一度勉強したいと思い、今回参加させて頂きました。

今回の体験ワークショップの実習課題で、初めてセリフを書くということに取り組みましたが、思っていた以上に難しく、プロの方は本当にいろんなことを考えてシナリオを書いているんだなあと思いました。同時に登場人物の気持ちや背景などを自分でいろいろと想像することがとても楽しかったです。

面白いです!頭の中に言葉がたくさん溢れているのに、どの言葉をチョイスするのがベストなのか考えるのが難しく、深いです。貴重な体験をありがとうございました。

短い時間ではありましたが、とても背中を押された、良い体験ができました。忙しさにかまけて、なかなか行動にうつせなかったので、次の講義からぜひ受講させていただきたいです。本日は、ありがとうございました!

こういった頭の使い方をしたのは初めてだったので、大変楽しかったです。セリフを考えるにあたっても、イラストからイメージするのと描写だけでイメージするのでは、広がり方が違うので大変勉強になりました。

5枚シナリオ感動しました。場面を切り取る力がシナリオにはあるのだなと実感しました。セリフを考えるのは難しかったです。最初の思いつきから一旦離れて練り直したかったのですが、うまくいきませんでした。貴校で学んでいくことで私もシナリオを書けるようになりたいと思いました。

今日初めてここに来て、とても興味深いお話を聞けてよかったです。元々話を考えるのが好きでしたが、努力が続かず、想像を形にするのはとても難しかったです。挫折ばかりでした。今日話を聞いて、ここでなら頑張れるかもしれないと思いました。ここでいっぱい書いて力をつけたいです。

              シナセンに行く! TEL 0120-470029 火~土曜日(12:00~20:30) 日曜日(12:00~14:30)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

在籍者、OBを応援します!

シナリオ・センター大阪校では、在籍者、OBを応援しています!
自主映画、芝居などで活動されている方は、どしどし情報をお送りください!
info-osaka@scenario-center.com
(@を半角変換して下さい)

大阪校の作品が読めます!

シナリオ・センター大阪の在校生の作品が電子書籍閲覧サービス『BCCKS』で、読めます!

(20枚シナリオ作品集)

(小説集「分泌」第三号)
Copyright © 株式会社シナリオ・センター大阪校 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.