シナリオの書き方が学べる学校。映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、小説のプロを育てて41年。 600名以上の方々がプロとして活躍しています。                              We are learning and making scenario of drama at Osaka Japan.

MENU

関連書籍

関連書籍

シナリオ・センターの創設者新井一や柏田道夫の著作
「月刊シナリオ教室」などシナリオを勉強する人のために

『月刊シナリオ教室』
シナリオ・センター会員のための人間情報誌

  • 発行元/シナリオ・センター
  • 価格/650円
  • 年間購読(一の会)7,500円(送料込)
『新版 シナリオの基礎技術』
「シナリオのバイブル」とジェームス三木氏に言わしめたシナリオのノウハウ本です。 シナリオライターの入門書として30数年来のロングセラー。この本を読まずして映像表現は語れません。

  • 著者/新井一
  • 出版社/(株) ダヴィッド社
  • 定価/1,500円
  • センター価格で販売
『映画・テレビシナリオの技術』
「シナリオの基礎技術」を終えた方のための上級篇。 ドラマ創りのノウハウを実践しながら学ぶための教本です。ドラマを語るためにもまずは読破してください。

  • 著者/新井一
  • 出版社/(株) ダヴィッド社
  • 定価/1,400円
  • センター価格で販売
『 シナリオの基礎Q&A 』
シナリオを書いていてわからないことがあればまずはこの本を開くことが肝心。 Q&A形式でわかりやすく初心者が疑問に思うことを丁寧に解説しています。

  • 著者/新井一・原島将郎
  • 出版社/(株) ダヴィッド社
  • 定価/1,000円
  • センター価格で販売
『 シナリオの書き方 』
シナリオの基礎から、巧みなト書の書き方、セリフの磨き方、シーンの作り方、キャラクター作り、さらにドラマ性の高め方、面白く見せるための構成法やテクニックなど、実践に即したシナリオの教則本です。

  • 著者/柏田道夫
  • 出版社/映人社
  • 定価/1,200円
  • センター価格で販売
『 エンタテイメントの書き方1 』
「おいしい映画から、おいしさの秘密、エッセンスを抜き出して、自分のものにしてしまうための手引書」“百聞は一見にしかず”の指導主義に基づいて、映画を教材に、その発想や技術を分析、解説しています。

  • 著者/柏田道夫
  • 出版社/映人社
  • 定価/1,200円
  • センター価格で販売
『 エンタテイメントの書き方2 』
教材としてふさわしい作品を何本かずつあげながら示した前作に対して、一本の作品を取り上げ、それをできるだけ詳しく分析しながら、さまざまなシナリオ上の技法を学ぶ前作のパート2です。

  • 著者/柏田道夫
  • 出版社/映人社
  • 定価/1,200円
  • センター価格で販売
『 エンタテイメントの書き方3 』
アカデミー賞の脚本賞、脚色賞、作品賞などを獲った映画作品を脚本づくりの観点で分析しています。DVDやブルーレイで映像作品を見てから読むと、より一層効果的なシナリオ作法書です。DVD鑑賞の手引きとしても面白い内容です。

  • 著者/柏田道夫
  • 出版社/映人社
  • 定価/1,200円
  • センター価格で販売
『 シナリオ作法論集 』
発想・構成・描写の基礎トレーニング新井式シナリオの書き方。シナリオ・センター創立初代所長故・新井一先生が’82年から’97年にかけて、月刊『ドラマ』誌に書き下ろし、連載、1回完結、インタビューなどで発表されたシナリオ講座を掲載順に収録したものです。

  • 著者/新井一
  • 出版社/映人社
  • 定価/1,200円
  • センター価格で販売
『 シナリオ作法入門 』
シナリオ・センター創設者であり、シナリオドクターと呼もばれる新井一が、シナリオを書いてみたいけれども要領がつかめないという方、永年行き詰っている方に向けて丁寧に解説しました。

  • 著者/新井一
  • 出版社/映人社
  • 定価/1,143円
  • センター価格で販売
『 目からウロコのシナリオ虎の巻 』
ジェームズ三木ら数多くのライターを育てた「シナリオ・ドクター」が教えるすらすら書くための技術と秘伝の発想法。プロライターになるための発想の素が満載!クリエイティブの悩みを一発解決します。

  • 著者/新井一
  • 出版社/彩流社
  • 定価/1,680円
  • センター価格で販売
『 「懐かしドラマ」が教えてくれるシナリオの書き方 』
60年代後半から2000年代までの代表的な「懐かしドラマ」がお手本です。どうしたらいいのか具体的に解説。映画、小説、戯曲、CM、マンガ、ゲームほか、あらゆるクリエイティブな分野に応用可能です。

  • 著者/浅田直亮、仲村みなみ
  • 出版社/彩流社
  • 定価/1,575円
  • センター価格で販売
『 狙ってみたいあなたのためのシナリオ・コンクール攻略ガイド 』「シナリオ教室」シリーズ
創作テレビドラマ大賞・フジテレビヤングシナリオ大賞・テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞、城戸賞などなど、コンクール必勝の極意を、コンクール”常 勝”のシナリオ・センターが伝授します。各種コンクールの”傾向と対策”を徹底分析、丸裸に!賞者インタビューも多数収録。■著者/シナリオ・センター

  • 出版社/彩流社
  • 定価/1,575円
  • センター価格で販売
『 1億人の超短編シナリオ実践添削教室 』「シナリオ教室」シリーズ
600字書ければ、なんでも書ける!短歌・俳句感覚でシナリオを始めよう手取り足取り添削指導した実践例でどこをどうすればいいのか、具体的にコツがつかめます。長編ドラマも映画もマンガも小説もOK!コンクール対策にも!

  • 著者/柏田道夫
  • 出版社/彩流社
  • 定価/1,680円
  • センター価格で販売
『 [超短編シナリオ]を書いて小説とシナリオをものにする本 』「シナリオ教室」シリーズ
600字書ければなんでも書ける!小説にシナリオの発想・技術を活かすノウハウと「超短編シナリオ」の実践添削レッスン書です。本屋さん大賞『告白』の湊かなえさんは、「超短編シナリオ」を書いて修業していた!シナリオと小説の関係をめぐって著者との対談を収録。

  • 著者/柏田道夫
  • 出版社/彩流社
  • 定価/1,575円
  • センター価格で販売
『 日本映画黄金期の影武者たち 新井 一・堀江史朗・森 栄晃の軌跡 』
戦後の日本映画最盛期は、どのような人材が担い、どのように形成されたのか膨大な作品を生み出した「影武者」ともいうべきシナリオ・ライター、プロデューサーの活動からその裏面史をさぐります。貴重な証言・資料満載。

  • 著者/シナリオ・センター
  • 出版社/彩流社
  • 定価/1,785円
  • センター価格で販売
『 ジェームス三木のドラマと人生 』
シナリオ・センター出身のシナリオライター、ジェームス三木さんがするどく、きわどく、かる~く、ジョークでドラマと人生のツボをたのしく伝授します。
第1幕 自分史的考察
第2幕 演劇・シナリオ的考察
第3幕 俳優・観客共同参画型考察
第4幕 テレビ・メディア的考察
第5幕 芸能関係者的考察
第6幕 美しい女性のための考察

  • 著者/ジェームス三木
  • 出版社/社会評論社
  • 定価/1,890円
『 まあちゃんのコスモス(DVD) 』
阪神・淡路大震災から12年――今再び、被災地から「生きる」喜び、素晴らしさを伝え、被災者一人ひとりに、勇気と明日への希望を与える映画です。
日本映画監督協会会員でシナリオ・センター大阪校顧問と講師の髙野昭二先生が監督をされました。

  • 原作/中川なをみ
  • 普及/きかんし協会
  • 定価/2,500円
『 わが青春の宝塚映画 』
日本映画黄金期の1950~60年代に小津安二郎や成瀬巳喜男ら名匠の作品を続々と世に出した映画会社「宝塚映画製作所」。その元スタッフらが、共に過ご した俳優や監督らの肉声を集め、製作所の全容を振り返る「わが青春の宝塚映画」を自費出版されました。映画の熱が満ちていた街の息づかいを今に伝える労作 です。
シナリオ・センター大阪校顧問と講師の髙野昭二先生監督が編集委員を努められ、辻井康一先生も編集に加わられました。

  • 著者/髙野昭二、辻井康一他
  • 発行社/ 宝塚映画製作所OB会
  • 定価/1,200円
  • センター価格で販売

              シナセンに行く! TEL 0120-470029 火~土曜日(12:00~20:30) 日曜日(12:00~14:30)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter

在籍者、OBを応援します!

シナリオ・センター大阪校では、在籍者、OBを応援しています!
自主映画、芝居などで活動されている方は、どしどし情報をお送りください!
info-osaka@scenario-center.com
(@を半角変換して下さい)

大阪校の作品が読めます!

シナリオ・センター大阪の在校生の作品が電子書籍閲覧サービス『BCCKS』で、読めます!

楽天kobo版、kindle版も配信中!!(kindleは有料、各110円)

(20枚シナリオ作品集)

(小説集「分泌」第三号)

(小説集「分泌」第4号)

(エッセイ集 「シナリオを書いているあなたへのお手紙」(分泌第5号))
Copyright © 株式会社シナリオ・センター大阪校 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.