シナリオの書き方が学べる学校。映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、小説のプロを育てて41年。 600名以上の方々がプロとして活躍しています。                              We are learning and making scenario of drama at Osaka Japan.

MENU

2012年 大阪校わいわいクリスマスパーティ(2013/1/17更新)

  • HOME
  • » 課外活動
  • » 2012年 大阪校わいわいクリスマスパーティ(2013/1/17更新)

2012年 大阪校わいわいクリスマスパーティ

去る12年12月16日、中津芸術文化村ピエロハーバーにて大阪校わいわいクリスマスパーティを開催しました。

豆之助:入学してまだ数ヶ月の基礎科在籍の大阪校生。今は書く事が楽しくてしょうがないオジサン。
鳩子:酸いも甘いも噛み締めた、ベテランシナリオ・センター大阪校生。

豆之助「ついにその日が来ました! わいわいクリスマスパーティ!」
鳩子「豆之助さん楽しみにしてましたからね」
豆之助「サンタコスチュームの人もいたり、みんなやる気まんまんですな!」


大阪校代表
小島与志絵先生

辻井康一先生

髙野昭二先生

加賀城英明先生

大阪校のみなさん

第24回フジヤングシナリオ大賞で佳作を受賞された岡田幸男さんにスピーチをいただき、大阪校30周年記念賞で佳作を受賞された45期生・嶋政治さんのシナリオを64期生・山口文秀さんが映像化された「いろは食堂の夜」の上映会を開催し、参加者全員、13年への夢と闘志を熱く燃やしました。

豆之助「先輩方の活躍にもうびっくりですわ! コンクールだけでも、今年は富士山河口湖映画祭、新井一賞、小説宝石新人賞、シナリオS1グランプリ、そしてフジテレビヤングシナリオ大賞! そんな先輩と一緒に勉強してるなんて誇らしいですわ!」
鳩子「豆之助さんは特に、特別上映会を行った山口監督の『いろは食堂の夜』に感銘を受けていましたね」
豆之助「そうですねん! 自分の書いた脚本が役者さんに芝居してもらって、そして映像化されると思ったら、もうおっちゃんどうかなってしまいそうやわ!」
鳩子「興奮するのはいいですけど、授業中に倒れるのは止めてくださいね。コンクールは色々ありますけれど、規模は小さくても映像化前提で募集をしている物もありますから、色々調べてみるのもいいと思いますよ」


岡田幸男さん

山口文秀さんと嶋政治さん

特別上映会

恒例のクラス対抗戦・三題噺ストーリーコンクールでは21クラスが応募。
クラスの仲間で練りあげた渾身の作品の朗読に、熱い応援の声もかかり、パフォーマンスやコスプレも年々グレイドアップ(?)。
楽しくて充実したクリスマスをすごせました。

鳩子「豆之助さんは三題噺ストーリーコンクールに応募したんですか?」
豆之助「当然でんがな! 一ヶ月間、練りに練りまくった作品を応募・・・したんですが、残念ながら通りませんでしたわ」
鳩子「それは残念でしたね。大阪校の強豪が集まるコンクールですから、なかなか一次を通るのも難しいですよ。あまり気を落とさず・・・」
豆之助「いやいや、気を落とす暇なんてありまへん! 早速このネタを広げて課題提出! さらにはコンクールにも応募しますわ!」
鳩子「その調子です。それに打たれ強い事は脚本家にとって、とても大切な事ですからね」
豆之助「せっかく考えたネタやからね! それを捨ててしまうなんて勿体ない勿体ない。今年はさらにバンバン書きまっせ!」
鳩子「さすが豆之助さん。シナリオ・センターで勉強している以上、人の作品を批評してるだけじゃダメですからね。どんどん書いて上手くなってくださいね」

三題噺ストーリーコンクール
クラス対抗戦のパフォーマンス対決!

最優秀賞は水N作クラス!
武藤先生と記念撮影!

豆之助「クラス対抗戦、みなさん頑張り過ぎとちゃいまっか?」
鳩子「豆之助さんが珍しく弱気ですね。確かに年々仕掛けが大きくなってますからね」
豆之助「そうですねん。コスプレしてるだけじゃ歯が立ちませんでした。完敗ですわ・・・」
鳩子「豆之助さん、いい具合に挫折していますね。豆之助さん主役の良いドラマになりそうですよ」
豆之助「ほ、ホンマでっか!? わいも今年は役者デビューですかな!」

大阪校5枚シナリオコンクール最終審査

恒例の大阪校5枚シナリオコンクール最終審査により次の作品が受賞されました。
課題「いいね!」応募総数:46本

最優秀賞 (賞金五万円)
佳作 二本 (賞金一万円)
  • 「最後の賄い」 作家集団・松下寿美子
  • 「愛、買い取りません」 作家集団・野村久美子

左から松下寿美子さん、
木村敏男さん、
野村久美子さん

講評

最優秀賞の「パートナー・テスト」は翌月定年を迎える夫が主人公。夫の自分への無関心に淋しさをつのらせている妻は、娘に相談して、テストを試みます。
Facebook等で流行の「いいね!」が課題ですが、親子三人の温かみを伝えつつ、途中で裏をかく展開からは、日ごろの勉強の成果が伺われます。木村さん、おめでとうございます!
代表 小島与志絵

鳩子「楽しい時間はあっという間でしたが、わいわいクリスマスパーティいかがでしたか?」
豆之助「学校のイベントなんで、もっとおカタイ物かと思ってましたわ」
鳩子「そりゃもう、シナリオ・センター大阪校ですからね(笑)。せっかくのパーティですから、楽しまないと」
豆之助「規模も大きくてイベントも盛りだくさん。食事するのも忘れて楽しませてもらいましたわ!」
鳩子「そうそうこの後、恒例の二次会もありますけど、豆之助さん行かれるんですよね?」
豆之助「もちろんでっせ! クラスの違う先輩方や先生と話せるせっかくチャンス、みすみす見逃す訳がありまへん!」
鳩子「今年も無事わいわいクリスマスパーティが終了いたしました。皆さん楽しんでいただけた様で何よりです。ではまた、今年のわいわいクリスマスパーティで会いましょう!」

              シナセンに行く! TEL 0120-470029 火~土曜日(12:00~20:30) 日曜日(12:00~14:30)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

在籍者、OBを応援します!

シナリオ・センター大阪校では、在籍者、OBを応援しています!
自主映画、芝居などで活動されている方は、どしどし情報をお送りください!
info-osaka@scenario-center.com
(@を半角変換して下さい)

大阪校の作品が読めます!

シナリオ・センター大阪の在校生の作品が電子書籍閲覧サービス『BCCKS』で、読めます!

楽天kobo版、kindle版も配信中!!(kindleは有料、各110円)

(20枚シナリオ作品集)

(小説集「分泌」第三号)
Copyright © 株式会社シナリオ・センター大阪校 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.