シナリオの書き方が学べる学校。映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、小説のプロを育てて42年。 600名以上の方々がプロとして活躍しています。                              We are learning and making scenario of drama at Osaka Japan.

MENU

エンタティメントシナリオ戦略講座のご案内

  • HOME
  • » エンタティメントシナリオ戦略講座のご案内

エンタティメントシナリオ戦略講座のご案内

~来たれ、若手作家! for 城戸賞 三幕構成を完成する~

長篇シナリオの書き方がわからない。コンクールに応募しても一次も受からない。思いついたアイデアが活かしきれない。作品が途中で息づまる。テーマはいいといわれるが… キャラクターがいつも同じになってしまう。作品が浅いと感じる。最後まで書きあがらない。さまざまなシナリオ執筆のお悩みとさよならする!
城戸賞作家の尾崎とものり先生によります、エンタティメントシナリオ戦略講座でエンタメ底力をつけよう!

エンタティメントシナリオ戦略講座のお知らせのご案内(pdfデータ版)はこちらからご覧ください。

※一般の方も受講できます。詳細につきましては、お問い合わせください。

【 日 程 】 平成30年6月9日 フリーオープン講座 無料
平成30年6月16日 6月23日 6月30日 いずれも土曜 全3回
【 日 時 】 全土曜日 16:00より 2時間及び3時間
【 場 所 】 シナリオ・センター大阪校大教室
【受講料】 会員 14,000円(前納) 一般20,000円(前納)
【 講 師 】 尾崎とものり 先生
【 定 員 】 25名
【申込締切】 6月9日(土曜日) オープン講座終了後 但し、定員に満ち次第お申し込み受付を終了いたします。
【事前課題締切】 5月31日(木)18:00厳守。 ※オープン講座に参加される方は、事前課題の提出にご協力お願いいたします。課題に関する詳細はこちらをご参照下さい。

※なお、今後、本講座受講者を中心に、若手作家長篇研究科クラスを月一回開催にて開講。若手とは、もちろん自称若手!
来たれ! エンタティメントへの熱い情熱、燃えたぎる若手作家!

▼尾崎とものり先生 プロフィール
1971年、大阪府生。シナリオ・センター大阪校出身。大阪で劇団に関わりながら関西ローカルでの深夜ドラマやラジオドラマのシナリオを執筆。2004年『ロングボードの侍たち』で第30回「城戸賞」受賞。2006年ポッドキャスト・ドラマ「耳がミケランジェロ」を開始、第1作『定休日ありません』(全4話)の脚本を執筆、同作を配信。自作を量産するほか自らプロデュースに回り新人の脚本を採用、積極的に新人俳優を起用、人材の育成にも寄与している。同年、劇場用映画『URAHARA』の脚本を共同執筆。同作は2008年3月に公開。フィルモグラフィ『誓い』(テレビドラマ『苺リリック』よみうりテレビ)『Look back again』(テレビドラマ『苺リリック』よみうりテレビ)『ロングボードの侍たち』(2004年発表、未映画化)- 脚本『URAHARA』(共同脚本中田瞳、監督稲富勝)脚本 サウンドドラマ『HAPPY NEW YEAR』(ウェブドラマ『アナパラOHラフィーキ』、ABCラジオ)- 脚本『セイルになりたくて』(ラジオ大阪) – 脚本 耳がミケランジェロ『定休日ありません』 – 作『泣くよ、ウグイス』 – 作『君が聴こえる』 – 作『海とブログとモテない男』(全8話、作桜井りょん) – 演出『桜田門外の恋』(原案葛飾ホックニー) – 作『鬼ごっこゲーム』(作桜井りょん) – プロデュース『ママはゴーストでR18』 – 作『失恋流し』(全3話) – プロデュース『カトリーヌと優しい銀行強盗たち』 – 作・演出『あったか! 肉まんパンダ』(全8話) – 作『LOVEΦ』 – 作『クレーマー・クレーマー』(2008年) – 作

▼カリキュラム

開講フリーオープン講座 無料 6/9 16:00~18:00 2時間
「エンタティメントプロットはキャッチで決まる!」
※どなたでもご参加いただけるオープン講座です。受講料はオープン講座終了後を締め切りといたします。
・ヒット映画のプロットを解説。シンプルさ、魅せる映像、スケール感あるヒット映画からエンタメを考える。
・発表と講評 エンタティメントプロットを書いてみる。

第一回 「キャラクターはドラマの魂」6/16 16:00~18:00 2時間
・ヒット映画のキャラクターを解説。エンタティメントを描くためにキャラクターとテーマを考える。
・発表と講評 プロットから2本選び、主人公を考える。

第二回 「ファーストシーン・クライマックスシーン」6/23 16:00~19:00 3時間
・ヒット映画のファーストシーン+クライマックスシーンを解説。なぜ、このクライマックス? ファーストシーンより考察。
・実習 ファーストシーン+クライマックスシーンのプロットをまとめる。

第三回 「エンタティメントを描くための構成」6/30 16:00~19:00 3時間
・ファーストシーンのシークエンスから構成を紐解く。エンタティメントで生き生きさせる構成の技。
・実習 マイベスト作品を絞り込んで仕上げる。

【課題に関して】
当講座は、毎回課題が出されます。データ送信にてご提出下さい。
データ送信先 kadai@scenario-center.com
件名:「エンタティメント課題」、添付ファイル名「エンタティメント」、作者名
課題に関する説明は、授業内で行なわれます。

              シナセンに行く! TEL 0120-470029 火~土曜日(12:00~20:30) 日曜日(12:00~14:30)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

  • facebook
  • twitter

在籍者、OBを応援します!

シナリオ・センター大阪校では、在籍者、OBを応援しています!
自主映画、芝居などで活動されている方は、どしどし情報をお送りください!
info-osaka@scenario-center.com
(@を半角変換して下さい)

大阪校の作品が読めます!

シナリオ・センター大阪校の作品を電子書籍で配信中! (画像をクリックすると、BCCKSのページが開きます)。 【分泌第4号】

【分泌第5号】エッセイ集『シナリオを書いているあなたへのお手紙』

【分泌第6号】シナリオ・センター大阪校シナリオ・センター大阪校小説研修クラス新規開設記念号

シナリオ作品集3

楽天kobokindle(有料、110円)でも配信中!
Copyright © 株式会社シナリオ・センター大阪校 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.